選択肢は出来るだけ少なめにしています

サービスを比較する上で、あまりにも多くの比較情報が掲載されていると、結局それらのサービスの強みが見えてきづらく、何を選べば良いのか、本質が見えなくなってしまうように感じています。

選択のパラドックス(the paradox of choice)という言葉があるように、選択肢の多さは逆に苦痛を感じさせる可能性を秘めているようにも思います。

忙しい現代社会において、多くの情報量だけがベストだとは言い難いと思い、選択肢を少なめに、そしてそれぞれのサービスの強みを明確にし記事を書くことにいたしました。

これが正しい方法なのかは、実際に今後運営していきながらでないとわからないものです。
ただ、そのようなコンセプトを持って記事を書いているということだけ、一番先に伝えておきたいと思いました。